[PR] ベビーシッター
ユウセッズ
--/--
--
   スポンサーサイト
author:ユウ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/13
Fri
   このメッセージきこえるかい?
author:ユウ
ライブレポ。

整理番号は40番台前半。
ちょっと時間押してからの開場で、
チッタに入ってまっすぐにUKのマイクスタンドの前へ。
最前列ですよ!
真ん前ですよ!
その瞬間ほんとに川崎まで来てよかったと思いました。
とりあえず開演までジェイソンに扮装したDJの音楽を楽しむ。
選曲格好よかったから公式HPで曲名あげてほしいなぁ。
その間にこちらもジェイソンに扮装したスタッフが機材のチェック。
7時ちょっとすぎてからメンバーが出てくる。

メンバー↓
vo.&gu-須藤寿(ストー)
gu&piano-斉藤祐樹 (UK)
bass-宮川トモユキ (宮っtea)
percussions-佐藤"コテイスイ"康一(コテ)
drums-川崎"フィリポ"裕利 (フィリポ)

出てきた瞬間、UKの髪型に釘付け。
・・・のびちゃま?
とりあえず1曲目は「ロックンロールと五人の囚人」。
うしろからすっごい人が押してきて苦しかったけどテンション上がったー!
「首謀者に告ぐ」生で聴けて幸せー本当に格好いい。
アッパーな曲が続いてからの「ヒサシ、カリメロ」は横揺れがめちゃくちゃ気持ちいい。
「ギルティーは罪なやつ」はお約束のコテが拡声器手に前に来てがっつり盛り上げる。
新曲「エレクトリック」(1曲40分)はサポート入れてて、
ストーの「6人目のメンバーだよ」の声でうさぎの被り物をしたDJシラフ登場。
シラフの打ち込み、teaのシンセ、ストーのサンプラーの電子音と
フィリポとコテのボンゴ、UKの延々と続くギターリフ。
多分30分くらい演奏してたと思う。
朦朧として気持ちいいんだか退屈なんだか、最後らへんよくわからんくなってた。
まったりした流れで「白い薔薇が白い薔薇であるように」へ。
teaのベースラインが気持ちいい。
それからはまたアッパーチューンの連続。
頭振り過ぎてやばかったーうしろからの押しもすごい。
UKもギター弾きながら爆笑したり不思議なステップ踏んだりと絶好調。
ストーがMCしてる間にメガネについた汗ふいてじっと無表情にメガネを見つめた後
何事もなかったかのようにメガネかけなおしたりもうUK最高。
「ハートのキング」で締めの私的には大満足なセトリ。
曲間のストーのMCは川崎やのに品川最高だよって言ったり、
無差別殺人なんてシャレにならねぇよ、と怒って言ったり。
でもとりあえず基本いつもどおりスベってた。

アンコールは比較的すぐ出てきて、
フィリポが「ありがとー」って言ってドラムの前へ。
ストーは「今夜はアンコールが特別に身に沁みます」、
「アンコールってほんとすごく照れるんだよ」、
「みんなのアンコールの時は俺が精いっぱい応援するからね」
などよくわからないMC。
「王様はロバのいうとおり」、「MR.アメリカ」でステージを去る。

直後からDJが曲流し始めて、スタッフが機材回収。
それでもしつこくDJの曲に合わせて手拍子してたらまたメンバーが!
ダブルアンコとか嬉しすぎる。
「これからが本当のアンコールタイムだよ!」とストー。
「何が聴きたい?」とストーがフロアに聞き始めたんですかさず「下衆!」つった。
ほんとは「兎眼の男」がよかったけどなんでか下衆って言ってた。
「ボニー&クライド」「下衆爆弾」で踊りまくってJASON終了。

DJの曲に合わせてちょっと踊ってからホテルへ。
楽しかったーライブ後のビールがうまかった!
ほんとしつこいくらい川崎まで来てよかったーと思いました。

物販ではジェイソンTシャツと

080613_2142~0001

ジェイソンキーホルダーをゲットしましたよっと。

080614_0109~0001

スポンサーサイト
[ 音楽 ]
Comment
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。